事業承継を考えるならM&Aも選択肢の一つに

事業承継とは、企業の経営者が企業を存続していくために後継者を選ぶことを指します。どんな企業でもいつかはしなければならないことであり、とても重要な事になります。特に中小企業では後継者不在の企業が多く、適切な候補者が見当たらないことから自分の代で廃業すると考えている経営者もいます。実際に全国で430万社以上もある中小企業の中で、年間7万社が後継社不在が理由で廃業していると言われています。 少し前までは「後継ぎ」といって、経営者の息子や親族がそのまま承継することが当たり前とされていましたが、現在は親族外承継を行うのが主流となっています。親族外承継は1990年代には約16%だったのに対し、現在は51%と半数を占めるようになりました。 親族外承継が増えるにつれ、M&Aを行う企業が増えてきています。他企業に事業承継をすることで企業が存続し、従業員が職を失うこともありません。

他企業への承継と譲渡の違い

他の企業に承継するということは、会社を渡してしまうことだと認識してしまっている経営者もいることでしょう。しかし、承継と譲渡では意味合いが異なります。 経営を譲渡することは株式譲渡となり、その会社に属する事業や資産全てを譲渡することになります。譲渡先企業によって今後の方針が決まることが多くなりますので、現在の従業員も解雇される可能性があるのも事実です。事業譲渡という方法もありますが、これは特定の事業だけを切り抜いて譲渡する方法です。 承継は、事業を承継することになりますので、会社自体がなくなるわけではありません。現経営者と承継先の経営者での意思疎通が重要となります。M&Aは大企業だけが行うというイメージがありましたが、現在では友好的な関係で中小企業が行っています。

専門の会社に依頼しよう

現在はM&Aを専門に行っている会社が増えています。税理士や社労士を有する会計事務所グループの専門会社もあり、経営に関する課題や早期解決を提案し、アドバイスをしています。 少数精鋭主義をとり、高い専門知識を持った専門家でチームを作っています。会計士や弁護士、司法書士など、経営に関するエキスパートが揃っていますので機動力に優れ、かつ柔軟性も持ち合わせています。 事業承継を成功に導くために重要なのは情報だと言われています。独自のネットワークを駆使し、最新で有益な情報を企業に提供してくれますので、今後可能性があると考える経営者の方は専門会社に依頼しましょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

M&Aを考えているなら無料相談を活用しよう

M&Aの仲介を行っている業者はたくさんありますが、最近では無料相談を行っている業者も多くなっています。こうした無料で相談できる業者を利用することにはどのようなメリットがあるのでしょうか。まず事業継承な...

M&Aのサービス内容

経営者が事業承継の選択肢の一つとして第三者への株式譲渡を考える事もあるでしょう。また、企業の成長を考えて大手資本傘下に入ることを望む場合もあります。経営者が企業をどう生かしていくか、また成長させていく...

M&Aを検討するならまずはセミナーから

企業により様々な事情からM&Aを考えることもあるでしょう。言葉自体は難しいかもしれませんが、企業が他企業と経営面での接触を考える事を指しており、業務拡大のための買収、資本提携、株式譲渡、大手資本傘下な...

事業承継を考えるならM&Aも選択肢の一つに

事業承継とは、企業の経営者が企業を存続していくために後継者を選ぶことを指します。どんな企業でもいつかはしなければならないことであり、とても重要な事になります。特に中小企業では後継者不在の企業が多く、適...