M&Aのサービス内容

経営者が事業承継の選択肢の一つとして第三者への株式譲渡を考える事もあるでしょう。また、企業の成長を考えて大手資本傘下に入ることを望む場合もあります。 経営者が企業をどう生かしていくか、また成長させていくかを考えたときには様々な選択肢があります。しかし、どれだけの選択肢があるのか、または方向性を決定したとしてもどう進めていくのが効率的なのかは、専門家でなければ分からないこともあります。企業にとって最適な取引ができるように、仲介したりアドバイスするのがM&Aのサービス内容です。お互いに納得のできる取引条件を提案し、成約に至るまでサポートをします。 業務拡大を考え他企業を買収したいと考える企業や、資本提携できる企業を探しているという場合もサービス内容の対象となります。

企業間の相性が大事

M&Aを検討する時に一番大切なのは相手企業の選定です。業務内容などからある程度絞られますが、希望業務であっても多くの企業が選択肢に挙がってくるでしょう。早々に決めてしまうと途中でトラブルが起こる可能性もありますので、冷静に検討することが望まれます。また、相手企業の経営者の人柄にも目を向け、相性が良いかを確認しましょう。 基本となるのは、お互いの企業の長所と弱点をきちんと話し合い、将来性があるかどうかを判断することです。この時も冷静な判断が必要となりますので、決して相手の長所ばかりに目を向けず、弱点に対応できるかを考えましょう。相乗効果を得ることのできる企業を最終的に選択することが大切です。

価格やタイミングも大切

譲渡価格は企業にとって重要になり、なるべく高い価格でと考える経営者は多いのですが、企業の業務内容や実績、財務内容により適正価格というものが存在しています。適正価格内であれば提案先企業から複数の手が挙がる可能性が高くなり、価格が高すぎると相手企業が見つかりにくくなります。 また、タイミングも大切です。企業にとって業績の良い時は売りたくない時です。買いたいという企業は多く出現しますが、企業にとってはもっと伸びるのではないかと思い売る事を考えることはできません。逆に、業績が悪くなると検討しますが、その時には買い手にとってメリットが少なくなってしまいます。 いつかM&Aをと考えているのであれば、業績が良い状態の時に相談するようにしましょう。売り手にとってはもったいないと感じる時でも買い手にとっては魅力が多いので、優位な条件で契約に至ることもあります。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

M&Aを考えているなら無料相談を活用しよう

M&Aの仲介を行っている業者はたくさんありますが、最近では無料相談を行っている業者も多くなっています。こうした無料で相談できる業者を利用することにはどのようなメリットがあるのでしょうか。まず事業継承な...

M&Aのサービス内容

経営者が事業承継の選択肢の一つとして第三者への株式譲渡を考える事もあるでしょう。また、企業の成長を考えて大手資本傘下に入ることを望む場合もあります。経営者が企業をどう生かしていくか、また成長させていく...

M&Aを検討するならまずはセミナーから

企業により様々な事情からM&Aを考えることもあるでしょう。言葉自体は難しいかもしれませんが、企業が他企業と経営面での接触を考える事を指しており、業務拡大のための買収、資本提携、株式譲渡、大手資本傘下な...

事業承継を考えるならM&Aも選択肢の一つに

事業承継とは、企業の経営者が企業を存続していくために後継者を選ぶことを指します。どんな企業でもいつかはしなければならないことであり、とても重要な事になります。特に中小企業では後継者不在の企業が多く、適...