M&Aを検討するならまずはセミナーから

企業により様々な事情からM&Aを考えることもあるでしょう。言葉自体は難しいかもしれませんが、企業が他企業と経営面での接触を考える事を指しており、業務拡大のための買収、資本提携、株式譲渡、大手資本傘下などが挙げられます。 企業にとってはとても重要な事柄となりますので、実行する前にはまずセミナーを受けて、ある程度の知識を身につけておく必要があります。内容は様々なものがあります。実際の事例を挙げて事業継承法を学んだり、買い手企業が知っておかなければならないポイントを学ぶ成功確率向上のためなど、売りたい側・買いたい側両方の立場で大切な事を学べるようになっています。

成功確率向上セミナーとは

では、具体的な内容はどういったものになっているのでしょう。成功確率向上のために行われるものを例に挙げて説明します。 時間は平日の午後の開催が多く、30分単位で6部構成となっています。第1部では、成功するための攻略のヒントとして、買収後の事業や組織機能の総合を考えていきます。第2部では、買収後に成功することのできる企業の見つけ方として、これまでの事例から共通項を探し出し解説します。第3部では、買収前の税務上の事前確認の重要性と注意点を考えます。第4部で人事・労務マネジメントに必要なことを話し、第5部では財務会計上の問題点と対応についての解説があります。第6部で買収後の管理について成功例と失敗例を基に説明します。これで終了となり、受付から終了までに約4時間ほどを要します。

料金や講師は?

M&Aのセミナーは無料で行われています。定員が決まっていますので予約制となっており、サイトの申込みフォームから会社名、役職、名前、アドレスなどを記載して申し込めます。その後事務局より確認メールが届き予約完了となります。会場は赤坂となっており、アクセスも良く、駅からも近い場所にあります。 講師は社内の専門アドバイザーだけでなく、社外からも専門家を呼んで行っています。税理士や社会保険労務士、公認会計士など、プロの目線から見た成功率を上げるポイントが紹介されますので、貴重な体験となります。 成功か否かは買収を実行してから3年から5年後に判明すると言われています。成功と失敗の分かれ道となるのはどのポイントなのか、成功に導くための効率的な方法はどういったものなのか、許された時間の中でしっかり考え検討していく必要があります。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

M&Aを考えているなら無料相談を活用しよう

M&Aの仲介を行っている業者はたくさんありますが、最近では無料相談を行っている業者も多くなっています。こうした無料で相談できる業者を利用することにはどのようなメリットがあるのでしょうか。まず事業継承な...

M&Aのサービス内容

経営者が事業承継の選択肢の一つとして第三者への株式譲渡を考える事もあるでしょう。また、企業の成長を考えて大手資本傘下に入ることを望む場合もあります。経営者が企業をどう生かしていくか、また成長させていく...

M&Aを検討するならまずはセミナーから

企業により様々な事情からM&Aを考えることもあるでしょう。言葉自体は難しいかもしれませんが、企業が他企業と経営面での接触を考える事を指しており、業務拡大のための買収、資本提携、株式譲渡、大手資本傘下な...

事業承継を考えるならM&Aも選択肢の一つに

事業承継とは、企業の経営者が企業を存続していくために後継者を選ぶことを指します。どんな企業でもいつかはしなければならないことであり、とても重要な事になります。特に中小企業では後継者不在の企業が多く、適...