できる!システムキッチンのリフォーム支援便利帳

お悩み何でも解決!システムキッチンのリフォームについての情報満載!

システムキッチンのリフォームは色選びが重要

好きな色を持っている人がいるでしょう。赤が好きな人もいれば緑や青が好きな人もいます。はっきりした色以外にパステル調の色などもあります。部屋などであれば壁紙を変えるだけで雰囲気を変えることができます。好みの色にしたり、衣替えなどで変えることがあるかもしれませ。設備などで設置するときは頻繁には変えられませんが、買い替えの時などは色が選べる場合があります。システムキッチンのリフォームをするとき、色選びをすることができるので慎重に選ぶようにします。壁の色を変えないなら今の壁の色に合わせたタイプを選ぶようにするといいでしょう。もともとの壁の色が白っぽいならどの色でも合わせることができます。すでに冷蔵庫などがありその色に合わせることもできます。シックなタイプの住宅なら濃いめの色のカラーだと渋くすることができます。

システムキッチンのリフォームで椅子が置ける

若い時であれば立ち仕事などはそれほど辛くないでしょう。しかし高齢になってくると少しずつ足腰が弱ることがあります。できるだけ使って筋力をつける必要もありますが、病気などであればそれも難しい場合があります。多少体を動かしたいと料理を作ることがありますが、キッチンは立って作業をすることを前提に作られているのでいすなどを入れることはできません。座りながらだと作業がしにくくなります。システムキッチンのリフォームをするとき、足が不自由な人が家族にいる場合は椅子を置くことができるタイプを考えます。調理台やシンクの部分は垂直になっているので立った時に作業がしやすくなっています。椅子を入れることができるタイプは、車いすやいすを下に入れることができるので、座りながらでも作業ができます。今は必要なくても将来座りながら行いそうなときはこのタイプにします。

システムキッチンのリフォームでシンクを調理台

キッチンの場所としてはシンクとコンロが必要です。その間に調理台がありますが、キッチンの広さによって幅の広さは変わります。狭いところだと調理台が全くないところもあります。シンクは水洗いをするところなおで常に必要なところです。でもいざ水洗いが終わればしばらく使わないこともあります。どんどん調理を進めていくとき、少しスペースが必要になることがあります。システムキッチンのリフォームを行う時、シンクにある機能がついているタイプを選びます。それはカバーを取り付けることで調理台になる機能です。それによって通常よりも調理台を広くとることができるようになります。このカバーも2段階ぐらいになっているとシンクを半分ぐらい閉じるタイプ、全面的に閉じるタイプなどで使い分けができます。少し調理台を広げたい場合は半分だけカバーをします。